ページの一番上へ戻る

スマブラ3DS店頭体験会行ってきました at イオンモール幕張新都心 - 夏の流氷

ドット絵やらMIDIやらゲームの情報をどうのこうのしている人の住処。

2014-09-08 Mon

スマブラ3DS店頭体験会行ってきました at イオンモール幕張新都心

タイトルが長い。 ちなみに記事本文はもっと長いです(笑)

9月6日()と9月7日()の二日間に渡って、イオンモール幕張新都心にて開催された
「スマブラ for 3DS店頭体験会」に行ってきました。

イオンモールは幕張メッセの近所なので、私の家からは自転車で行ける距離です。
が、行くのは今回が初めてです。それまで行く機会も無かった訳ですが。


『右側に1人用台 の列もございます。』
何故新しく書き直さなかったのか…
海浜幕張には既にイオンがありますが、「イオンモール」はそれとは別物です。
どちらかと言うと、ひとつ隣の新習志野駅の方が近いかも。
目と鼻の先に京葉線の車両基地があるので、その方面の趣味のある人はどうぞ。
オープン当初、各種メディアでやたら宣伝されていただけあって、フロアの面積は
まさに怪物級。あの広さはもはや要塞ですね。敷地内を巡回バスが走っているレベル。
特に用事が無くても、一度行ってみる価値はあるなと思いました。

まあそれはどうでもいいとして、散々迷いながらも体験会場に到着。
それほど混雑している訳ではありませんでしたが、そこそこ待たされました。
冒頭の写真では待ち時間30分となっていますが、実際は20分前後だったと思います。


▲体験テーブル。手前が4人対戦台で、奥がCPU3人を相手する1人対戦台です。
4人対戦台の方は2つのグループ構成で、計8人が遊べるようになっていました。
うち、片方の対戦画面が右側のモニターに表示されています。
左側のモニターは紹介映像垂れ流し用。

1人対戦台では3DS LLを、4人対戦では標準3DSを使います。
WHFでも思いましたが、空中技(特に後ろ)やスマッシュが出しにくい印象。
両方で操作してみた結果、手に持った安定感はLLの方が良さげです。
という訳で、スマブラをプレイするならば「New3DS LL」が最も役割を持てるかも。
※個人の感想です。普遍的な性質を表すものではありません。

あれこれプレイしてみましたが、今回の一番の収穫は「各種色替え」ですね。
前回の体験プレイでは4色しか使えませんでしたが、今回は製品版同様、
8色から選択可能となっていました。
私が確認できたものを一覧でまとめてみます。ただし覚えている範囲で…(蹴
Miiverse等で既に公表されているものは省きます。

カービィ新色に「オレンジ」と「メタナイト風」が追加。
後者は目が黄色くなる。
メタナイト新色に「ギャラクティックナイト」カラーが追加。
仮面の切れ込みは変わらない(しいたけにならない)。
リンクムジュラの仮面の「鬼神」カラーが追加。
白目になる。
ピーチ新色に黒ドレスが追加。
目立つ。
ドンキー新色に「黄」「ピンク」が追加。
愛の戦士ならぬ、愛のゴリラ。
ヨッシー新色に「紫」「黒」が追加。
今回はタマゴの斑点の色も変わる。
ロゼッタ「紫」と「黒」を確認。
ドレス全体の色が変わる。紫はなかなかキレイ。
ピカチュウ「金銀主人公帽」「XY主人公帽」「こだわりハチマキ」が追加。
明らかにでんきだまの下位互換なのはツッコミ不要。
リザードン新色に「白」が追加。
身体が白で、翼が紫。配色が完全にミュウツー。
フォックス新色に「ウルフ風」が追加。
みなまで言うまい。
ピクミン色替えでオリマーから「アルフ」に変更可能。
オリマーとアルフで4色ずつ。
ピット「堕天使」カラーが廃止。
ブラックピットは…
ルフレ「緑」「黄」「ピンク」等を確認。
マイユニットなだけに、髪色も変化する。男女交互に現れる。
リトルマック「ピンクじゃないスウェット」を確認。
ワイヤーフレーム+スウェットも出来るみたい(?)。
パックマン身体の色は黄色のまま。手足のアクセサリーの色が変わる。
前作におけるソニックのような感じ。


他にもいろいろ見てみたのですが、元ネタが無い(または私が知らない)色も多く、
改めて書き連ねてみると、ほとんど何も覚えていないということを痛感しました…



で、ここからは実際に操作してみて分かったことや感想等。
主に私が使ってみたキャラについてです。

まず、デデデの改変がそこそこ大きく感じました。
前作で有用だった空中下はハンマーを下方向に振るう単発ヒット技になり、
空中後ろは後方へハンマースイング、下強攻撃はでんぐり返しになりました。
以前はダメージソースだった技がことごとく重めの技に変更になり、
少し扱いが難しくなったかもしれません。
切り札は「デデバースト」なる、吸い込みとハンマー乱打の合わせ技に変更。

メタナイトは前作の突出した性能が全体的に見直されています。
空中上は硬直が若干長くなり、連打できません。
また、「マッハトルネイド」はBを連打してもあまり上昇しなくなりました。
上Bは上昇距離が比較的長く、決定力も高いです。やや垂直よりの斜め上に上昇します。
どうでもいいですが、下スマの声が前作で使われなかった「うりやぁ!!」になっています。
出の速さや連打力はあまり変わっていませんでしたが、ふっとばし力は落ちています。

ドンキーはやはり安定した強さ。
ダッシュ攻撃がローリングアタックになったこと以外は、特に大きな変更はありません。
ジャイアントパンチを溜める際の振りかぶりが大きくなり、少し遅くなりました。

ルイージは相変わらず空中技が強い。
前作同様、空中下→空中N→上強攻撃のコンボも出来ます。
「地獄突き」のふっとばし力が若干低下したように感じましたが、
全体的にはXとほぼ同じ使用感。
切り札のオバキュームがなかなか強力で、敵を吸い込み続けてダメージを与え、
最後にブロワーで一気に吹き飛ばします。

ロゼッタ&チコは、チコに気を配っていると本当に忙しくなります。
少なくとも4人対戦ではチコの采配を考えている暇はほとんど無いので、
むしろ常にそばに置いて、ロゼッタと連続攻撃する方が良いかもしれません。
「チコシュート」の最大タメ時のダメージは16%ほどでした。
アイスクライマー同様、タイマン向きの性能という印象です。

個人的に、使っていて一番楽しかったのがむらびと。
決定打が少ないのが気になりますが、ハニワくんロケットの汎用性が高いです。
特にまたがったときの飛距離が長く、復帰技としても申し分無さそうです。
およそ「戦場」の場外から発進して、反対側の場外まで到達するほどの長さ。
ボタンを押せば途中下車もできます。
またがらないと威力は下がりますが、先に発射したハニワくんを追いかける形で
相手に追撃、ということもできるため、有用です。
また、空中前後の「パチンコ」の牽制力が非常に高く、相手との距離が開いたら
とりあえず使っておく、というスタンスで戦うことになると思われます。
通常必殺技の「しまう/とりだす」の判定は意外と長く、範囲も見た目より広いです。
下必殺技は、育った木を伐採しなければ、オノで直接攻撃が可能。
ダメージは14%ほどで、リーチは短めですが比較的扱いやすいです。
そのまま木を障害物として利用できるのも◎。
横スマのボウリング落としは、ふっとばし力は強いものの、横方向のリーチが短く、
発生も遅めです。単純に考えると若干使いづらい印象を受けますが、
ボウリングの球は崖つかまり中の相手や一段低い所にいる相手にもヒットするため、
乱戦時の闇討ちとして使うと効果的かもしれません。
上スマの花火は、出は速いものの威力・ふっとばしともに控えめ。

他にはゲッコウガやルフレも使ってみたのですが、対戦相手の猛攻が激しく、
応戦するだけで精一杯でした(殴
ゲッコウガはシークに似た挙動で、動かしやすいスピードタイプという感じ。
ルフレの「トロン」は溜め時間が長い分決定力が非常に高く、横方向に長い
電撃判定を持つため、相手同士の混戦時に使えば一網打尽にできそうな予感。
空中下が強力なメテオになることは確認できました。



冗漫な文章で申し訳ありません。
他にもいろいろ書きたいことはあるのですが、このあたりでやめておきます。
締まりのない記事でしたが、私の興奮を体現したものだと思って頂ければ…(笑)

発売まで残り僅か、ある意味こうした時期が一番楽しいかもしれませんね。
関連記事
スポンサーサイト

Comments

post
2014-09-09 11:21 
どーづ [編集]
黒ピットを堕天使と呼んでいたのは自分だけではなかったのですね。
でもその堕天使カラーが廃止ということは、
やはりブラピの参戦フラグなのでしょうか・・・。
ほかのレビューだと、パルテナのナチュレカラーがあるとかないとか。
新パルテナをお持ちでないようでしたら、
「エコの神=ナチュレ」等と認識していただければ。
2014-09-22 13:29  Re:
マジ・デ・タコ/夏氷
> どーづさん

…参戦しましたね(笑)
【挑戦者が現れました!!】の画面で彼のシルエットが表示されたときに、
「あ、やりおったな」と思ってしまいました。
2014-09-22 17:30 
どーづ [編集]
ほんとにそうですよね(笑)
どういうキャラか...はブラピのフィギュアで確認できると思います。
今回はアイテムやフィギュアにも新パルテナのものが多いので、
新パルテナを持っていない方への簡易的説明書になるかもしれませんね。
...収集しないと読めませんが。



編集/削除用パスワード


他人からは見えなくなります


Trackback

Trackback URL